メンタルな不調や落ち込みがひどい

メンタルな不調や落ち込みがひどい場合は、月経の有無に関係なく、心療内科や精神科での治療が効果的なケースもあります。

更年期と診察された場合は、婦人科、心療内科、精神科の連携がとられた治療をしてもらうのが理想的な診療です。

お互いの情報を共有することで、患者の調子や容体を正しく把握できて、効果的な治療が行えるからです。

辛さに耐えられないときは、医師に話を聞いてもらいましょう。

更年期の症状とは、だいたい40歳~55歳に、卵巣機能の低下して閉経を生じ、その閉経が原因で女性ホルモンの分泌量が減少して自律神経のバランスを崩して倦怠感、イライラ、ホットフラッシュ(急な発汗)、頭痛など精神的にも肉体的にもツライ状態になってしまいます。

更年期は生きていれば誰にでもやってくる時期です。

まれに更年期の年齢になっても、そのような症状がでずに平気で生活できる方もいるようですが、多くのこの年代の方は、不調に悩んでいます。

漢方薬で更年期障害を抑える対応は昔から行われているものですが、利点としては副作用が少ないこと、と理解されています。

HRT療法では効果が期待できない症状にも対応できるということです。

ですが、更年期の症状は程度もいろいろなので、自分の状態にあった漢方薬を飲まなければいけません。

更年期の治療に漢方を考えている場合は婦人科やレディースクリニックなどで診察を受けて処方された漢方薬を飲むようにしてください。

加齢に応じて脳内物質の分泌や神経伝達の機能が衰えていくのは、問題のない減少です。

ホルモン補充療法(HRT)を開始した年齢によっては、記憶を中心とした認知機能に良い影響を与えるといわれていますので、他にも更年期障害の症状に悩んでいる場合は、まず婦人科、レディースクリニックでの診察を受けたほうが良いでしょう。

ただ、アルツハイマー病などは遺伝的な要素が関連しているケースもあります。

「少しきになるなぁ」、と感じる場合は、市民病院など脳神経外科などで精密検査を受診をおすすめします。

ストレスをため込んでしまい、うつ病に悩む方が増えています。

それとは別で、更年期に入るとホルモンのバランスがくずれ、それまで明るくおおらかだった人が、急にネガティブな性格になるというのも珍しくはありません。

SSRI(SNRI)という抗うつ剤は、ホットフラッシュ(急な発汗)にも有効で、更年期の症状でうつがひどい方に処方されます。

心理テストの結果によりますが、婦人科から心療内科、精神科を紹介してもらって相互に情報共有して治療してもらうというケースもあります。

カテゴリー: 更年期 パーマリンク