トイプードルに囲まれて

私は幼少期から、ずっと犬に囲まれている生活を送っていました。

今回はアズキの話を書きます。

アズキは私が中学一年の時に我が家に来ました。

トイプードルで既に1歳半でしたが、親戚の家庭の事情で保健所に送られそうになっているところを、私達が引き取ったのです。

最初、アズキは怯えていたようでした。

慣れない環境、知らない人、食事も中々手を付けてくれなかったんです。

元々人懐っこい性格の犬種のはずですが、逃げはしないものの、彼女から甘えてくることはありませんでした。

アズキに会いたいです!

しかし、私にとってアズキは心の支えでした。

私は当時、いじめにあっており、学校が大嫌いでした。

だから、帰るたびに毎日アズキと話したんです。

今日はこんな事を教わったよ、とか、絵を描いたんだけど上手かな、とか、習った歌を聞かせたりしました。

家族には滑稽に見えたでしょう。
しかし、次第にアズキは変わっていき、私が帰るたびにアズキから近寄ってくるようになったんです。

中学生の私にはとても大きな犬でしたが、一緒に散歩にも行きました。

かけっことかくれんぼが大好きなアズキ。
隠れてい私を見付けると、いつも笑顔で駆け寄ってきました。

社会に出て、上京し、間もなくして、アズキが亡くなった事を知り、私は酷く心を痛めました。

しかしアズキがくれた暖かい時間は今でも私の心の中に残っています。

管理人のお世話になってるサイト⇒トイプードルのドッグフードランキング

カテゴリー: 未分類 パーマリンク